エチケット

弊社の取扱い物件の多いエリア、百道浜と愛宕浜に流れる室見川。

室見川は福岡県と佐賀県の境に位置する井原山を源流として、野河内渓谷、曲淵ダム、福岡市早良区を経て、

福岡市の西区と早良区を分け、シーサイドももち海浜公園と西福岡マリナタウンの間で博多湾に注ぐ全長15.5kmの二級河川です。

この季節になると、室見川の河口で潮干狩りを楽しむ姿も多く見られます。

もともと休みの日や夕方あたりには川沿いから海岸あたりをジョギングやウォーキングをされている姿がよく見受けられました。

上流への河川敷も西側・東側ともにきれいに整備されているので、こちらも人気のコースですね。

緊急事態宣言が出され、自宅で仕事をする方が増えたからかどうかは分かりませんが、

最近は平日の朝もジョギングなどをされている方が多くなったように感じますし、土日は更に多くなったような気がします。

外出が制限されるなかで、少しでも体を動かしたいと思う方が増えたのだと思います。

しかし、走って大きな息をすると、周りにウイルスをまき散らしているかもしれません。

人と人との間隔を空けるソーシャルディスタンスは、「2m以上離れましょう」ということをよく聞きますが、

ジョギングなどの場合、2メートルでは不十分だという研究結果が出ているそうです。

飛沫を避けるのに必要な距離は、時速4kmでウオーキングした場合だと、4~5メートル。

ジョギングの場合だと、10メートルも離れる必要があり、さらに自転車で走る場合は20メートル離れる必要があるといいます。

ジョギング中は、吐く息の量も吸う息の量も増えるので、よりリスクが高そうですよね。

小さなエチケット違反でも大きなトラブルになりかねません。

こういった情勢ですし、ピリピリしていらっしゃる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

周りに配慮して、口元は覆う。

エチケットは守って、私も周りに不快な思いをさせないように行動したいと思います。

早く収束しますように!

 

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

公式facebookページはこちら