夏の色

暑い日が続きますね。

tree-351047_640

アウトドアの季節、山の濃くはっきりした緑、海の深い青、爽やかな空の青と大きな入道雲の白とのコントラスト。

夏はチューブから出したばかりの絵の具のような、原色のイメージです。

 

夏の色

ひとえに夏の色といっても色々あると思いますが、日本の伝統色に素敵な色があったのでご紹介。

◆◆薄浅葱色◆◆

ねぎ

「浅葱色」は若い葱の色で、青のような緑のような色です。

実際の葱よりはずっと青みがかった色ですね。

薄浅葱はそれを淡くした色。とても涼しげです。

 

◆◆かきつばた色◆◆

kakitsubata

これは国宝の燕子花図屏風です。

花菖蒲やアヤメに似たカキツバタ。菖蒲色よりは赤みがかった紫です。

かきつばたは『伊勢物語』の

ら衣

つつなれにし

ましあれば

るばる来ぬる

びをしぞ思ふ

の歌が印象的ですが、あまりイメージがわきません。たぶん、アヤメや花菖蒲とまぜこぜになっているんだと思います。

 

◆◆若竹色◆◆

若竹

春の美味しいたけのこが成長すると若竹になります。

青竹色より黄色味があり、明るい感じです。

 

◆◆つゆ草色◆◆

dayflower-1409827_640

つゆ草はこんなにもはっきりしたブルーなんですが、つゆ草色はちょっと淡い青です。

染物やインクとして使われているようなので、つゆ草の染料の色なんでしょうね。

 

夏の季節にみられる植物からとったものがやはり多いですが、涼しげな印象の色が多かったです。

赤!青!黄色!緑!などで大体通じてしまいますが、細やかな色の感性を知っていくのもいいと思います。

日差しが強くなり彩度が上がって、夏は色鮮やかな季節なんだそうです。

暑いですが頑張ります。

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡-東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

リクナビNEXT

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典