SRE FUKUOKA REALESTATE KNOWLEDGE SRE福岡不動産ナレッジ

福岡の不動産オーナー知識ガイド

不動産購入時における費用について

家を購入する時には物件価格以外にも様々な資金が必要になってきます。ここでは、家を購入するとき、そして購入後にどういうお金が必要になるのかを紹介します。

 

目次

・手付金

・仲介手数料

・登記費用

・印紙税

・固定資産税・都市計画税

・不動産取得税

・火災保険

・保証会社保証料

・銀行事務手数料

・印紙代

・住宅ローンの返済

・管理費、修繕積立金

・最後に

 

~購入時~

①手付金 ・・・ 売買契約時に売主に支払うお金で、契約を破棄する場合は返金されません。購入代金の5%~10%程度が一般的ですが、売主と買主の合意があればこの限りではありません。最終的に代金の一部に充てられます。

 

②仲介手数料 ・・・ 中古物件や一部の新築一戸建てなど、仲介会社を通して物件を購入する場合、仲介会社に払う手数料。「物件価格の3%+60,000円」+税が上限です。

 

③登記費用 ・・・不動産登記(所有権の保存または移転など)、抵当権設定登記の際に必要な登録免許税や、司法書士に依頼する場合の報酬です。

 

④印紙税 ・・・ 売主とかわす売買契約書に印紙を貼る形で支払われる税金。契約金額に応じて金額が変わります。

 

⑤固定資産税・都市計画税 ・・・ 1月1日の不動産所有者に対してかかる税金。基本的には決済時に日割り金額を売主に支払います。

 

⑥不動産取得税 ・・・ 不動産を取得した際に、一度だけ支払う税金。ただし、居住用で要件を満たせば免除されることもあります。

 

⑦火災保険料 ・・・ 購入する不動産に付帯させる火災保険です。

 

住宅ローンを組む場合

 

⑧保証会社保証料 ・・・ 住宅ローンの連帯保証人を立てる代わりに保証会社へ支払う費用のこと

⑨銀行事務手数料 ・・・ 銀行によって異なります。(福岡銀行の場合50,000円+税)

 

⑩印紙代 ・・・ 金消契約時の契約書に貼る印紙代です。

 

仮に売買代金が3,000万円、住宅ローン借入額3,000万円の場合、①~⑩の諸費用でおよそ210万円~230万円必要です。(手付金は売買代金に充当されるので含みません。)

 

~購入後~

①住宅ローン返済 ・・・住宅ローンの実行が完了した月、もしくは翌月から返済がスタートします。

②管理費・修繕積立金(マンションの場合)・・・毎月の支払いです。この修繕積立金を使ってマンションの維持を行います。

 

最後に

家を購入するにあたっての費用はイメージしていただけましたでしょうか?

意外と費用が掛かると思われたかもしれませんね。人生で最大の買物になるからこそ、予備知識を蓄えてちゃんと納得して購入できるようにしたいですね。正確な金額が知りたい場合はお問い合わせください。


福岡の不動産オーナー知識ガイドの最近の投稿

カテゴリー一覧