ルーティン

 

『ルーティン』言葉の意味は、決まっている手順・決まりの所作・日課など繰り返しを意味している言葉です。一流アスリート選手のルーティンは、聞いた事があるかと思います。有名な話でいくと、元メジャーリーガーのイチロー選手は、試合当日の朝食は決まってカレーを食べる。海外でも活躍したサッカー選手の中村俊輔選手は、スパイクを履くのは決まって利き足の左足から。ラグビー日本代表五郎丸選手のキック前の手を合わせる動作。などなど。そんな中大変恐縮ではありますが、私にもルーティンがあります。笑 というか、験担ぎみたいなものです。毎週、週末(私の場合は水・木が休日の為、木曜の夜)は、玄関の掃除とトイレ掃除、靴磨きをして週の始まりを迎えます。また、毎月1日は必ず近所の神社にお参りに行く。休日はジムとサウナに行く。などなど。たまに出来ない日もありますが、そんな日は何だかとてつもない罪悪感に襲われます。果たしてその行動が、どんな結果をもたらしているかは誰も知るよしもなく。むしろ、毎年少しづつ増えていってます。ただ、いずれも決して悪い事でないのでこれからも継続していく予定です。ルーティンがもたらす効果として、『やる気スイッチが入る』『気分を切り替えれる』『集中力を高めれる』『努力を習慣化できる』など、ポジティブな事ばかりです。私の仕事に置き換えると、営業職という仕事柄辛い事やプレッシャーを感じる場面もありますが、ルーティン化する事により過去の成功イメージを思い出し、ポジテイブに仕事と向き合えます。こんな世の中だからこそ、あらゆる方法で自分を鼓舞し、前向きに毎日を過ごして行きたいと思います。

人材紹介業の営業マン採用のポイント|ミスマッチのないターゲット例を ...