『読書』

最近読んだ本の1冊『起業家の勇気』。

人材派遣業大手のインテリジェンスの創業者であり、現㈱USEN-HOLDINGSの代表、宇野康秀さんの生き様がリアルに書かれてました。

ちなみに宇野康秀さんは、サイバーエージェントの藤田晋社長の師匠という事で知られています。

私が学生の頃、東証マザーズの開設により、楽天やサイバーエージェントといった、今の時代をリードするベンチャー企業が、次々と上場をしていくのを見ていて、

恥ずかしながら、『いつか自分も!』と一人、高揚していたのを思い出しました。

本の中の一文に、ビジネスで成功する為に大切な事として、以下の様に記されている。

『生半可でない粘り強さ、持続的な構想力、冷めない情熱』。

一見、とてもスマートに見える宇野さんの容姿の裏には、壮絶な困難を乗り越えてきた強靭な精神力と、仕事に対する、煮えたぎる程熱い情熱があり、そこに、人々を惹きつけるカリスマ性が

あるのだと確信しました。

私も、シーサイドの一員となり1カ月。色々と理想も有りますが、冷めない情熱だけは持ち続け、何度も読み返す事で自分を奮い立たせ、これから立ちはだかるであろう、沢山の壁を乗り越えていこうと思います。