MEMBERS BLOG メンバーズブログ

走れ、子供

子供たちは任天堂スイッチで通信しながら遊ぶ。

うんうん、凄い世の中になってきました。と感心している場合ではありません。

「お前どん、ゲームばっかすんなさ、外行くぞ!」

休日、集まればゴロゴロとゲームやYouTubeを見る子供たちに、一人づつボールを与え、

少し遠くのバスケットゴールがある公園へ行きました。

バスケの練習はほどほどに。

なんだかんだで、小学生でした。

遊具で遊ぶ彼らの表情は豊か。独自のルールを作り出し、新たな遊び方をする。

いや、連れてきてよかったと思っていたら、

帰りに息子が、「あっ、パパ、車のドア開けたときに壁に当たって傷ついた、ごめんね」

まー友達もいたからでしょうか。

「よかよか、形あるものいつかは傷つくもんた!ガッハッハ」

子供たちからは、「かっけー」と称賛。

もちろん、子供たちを送り届けたあとに、ひっそりと傷の確認と補修をしたことはいうまでもありません。

元気と自由な発想をもらった代償は少々高くつきました。

 


瀬戸 雅之の最近の投稿

カテゴリー一覧