こんな写真を見ると、どこからか、あの人の声と歌が、なぜか、聞こえてくるようです。

taiyo

物心ついた時、今の低い声がとてもコンプレックスでした。母からは、『あんたは、なんば言いよるとか、わからん』、とか、友人からは、『ん!? 日本語ば言いよるとか、英語ば言いよるとか、よう聞こえんけん、もう少しはっきりしゃべって』などなど。

taiyo2

あの人の声が自分にもあれば、歌手になれ・・・、とは、そんな事を夢見るような青年ではありませんでしたが、今もなお、第一線で歌い続ける、その姿は本当に凄いと思います。あの人の生の声が聴きたい、そんな心境です。

oda

2012年10月からの吉浦ブログ:オーシャンももちの風

プレミア広告:オリジナル動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典