尾道三部作

◆構想40年、檀一雄原作

「尾道三部作」(転校生・時をかける少女・さびしんぼう)などで

知られる古里映画の巨匠・大林宣彦監督が、

自身のデビュー作として温めていた唐津を舞台にした映画の構想が、

40年の時を経て動き出す。_storage_sdcard0_DCIM_Camera_1445643121612

楽しみです。

観光客も増加するでしょうね。

来月2・3・4日と「唐津くんち」もあります。

是非、皆様、唐津へお越しください。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典