ニュースレター3月号

繁忙期も終盤戦、この時期の賃貸は、3月までに入居したい!

という転勤族の方、新社会人・学生さんたちが多く、

その反面、3月末で出られる方もいらっしゃいます。

そのため需要と供給のバランスが崩れてきます。

空室対策のために私がご提案すること、それは改装です!

退去時、次の募集のために行うリフォームには3種類あります。
1番目は「原状回復のためのリフォーム」です。

前の入居者が暮らしたことによって劣化した部分を元に戻す工事で、

クロスの貼替やルームクリーニング等です。

入居者さんの故意・過失で壊れた部分の修繕もあるでしょう。

しかしこのリフォームでは基本的な設備や建具等は

そのままなので、徐々に古さが目立ってきます。
そこで2番目は、「新しさを取り戻すリフォーム」です。

建具の交換や色の塗り替え、フローリングの補修や網戸の貼替etc…

「まだ使える」という理由で放置しておくと、

内覧されたお客様から「少し古いかな?」と思われがちです。

少なくとも築10年を過ぎたら、退室の度に予算をとって実施することをお勧めします。

_DSC1960
これらのリフォームでも十分かもしれませんが、

私はこのリフォームをご提案したいと思います。

3番目の「物件力を上げる為のリフォーム」です。

以前も紹介しましたが私は「攻め部屋」と呼んでいます。

例えば、入居者さんにアクセントクロスや

照明を選ばせるといったカスタマイズ賃貸も効果的です。

5

入居者さんも喜び、家主さんも空室のリスクを減らすことができます。

賃貸退去が多くなってきた「今」だからこそ、改装を検討されてみませんか?

詳しいことは是非瀬戸までお尋ねください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典