築地の移転

先日、豊洲に東京都中央卸売市場が移転され、最初のセリが行われました。

 

築地の場外市場や飲食店はまだあるそうですが客足の低下は免れないでしょうね。

そもそも、築地は江戸時代の明暦の大火(1657年)で消失した西本願寺(当時は浅草御門南にあった)の代替地として、埋め立てて作られたそ

うです。つまり字のごとく、築かれた地てことですね。そして戦後は占領軍が進駐し、洗濯工場があったので、都の発表のような土壌汚染が想

定されるそうです。

大体、豊洲はもともとゴミ処理施設ですよね?移転の必要性には疑問が残ります。

市場が移転した築地、今後どのような開発が行われるのでしょうか?場所的には一等地で海に面していることから新たなスポットになるので

しょうか。個人的には残された飲食店の皆さんがまた復活できるような環境になってくれればいいなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典