山本の観劇日記その④

私の定番の行先。いざ博多座へ。

今月はフランス革命真っ只中です。

ミュージカル「1789-バスティーユの恋人たち」

博多座入口の大きな看板をついスマホで撮ってしまいました。

 

今回は3役がダブルキャストで、

小池徹平さん、神田沙也加さん、凰稀かなめさんの回を観劇してきました。

2012年にフランス・ミュージカル界を揺るがすメガヒット作として誕生し、

「エリザベート」などのヒット作品を手がけてきた小池修一郎さんが潤色・演出。

九州初上陸とのこと。

華やかな衣装、ロックナンバーやバラード、さらにダンスありアクロバットありと、見ごたえたっぷりでした。

個人的には、ダントン役の上原理生さんのバリトンボイスにキュンキュンしております!

(レ・ミゼラブルのアンジョルラスですでにときめいてはいました笑)

とてもパワーがある作品でぜひもう一度観劇したかったのですが、明日はもう千秋楽です。

 

9月にまた博多座にフランス革命をおこしに来る「マリー・アントワネット」

こちらは、「エリザベート」のミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイ コンビの作品なので、

楽しみに待つことにします。

 

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡-東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

 

~物件紹介~

【賃貸物件】アイタワー

【売買物件】デュオ柏原(オーナーチェンジ物件)

【売買物件】雷山の森別荘 糸島市川原

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典