熱中症予防

今日は真夏日といってもおかしくない日でしたね。

皆さん体調は大丈夫でしょうか。

こんな暑い日に何も予防しないでいると気づかないうちに熱中症!

なんてこともありますので十分注意しましょう。

さて、本日は熱中症対策を調べてみたのでぜひ試してみてください。

※必ずしも効果があるわけではないのでご注意ください。

 

熱中症の原因となるのは温度と湿度。

室内の温度を28度以下、湿度50~60%の状態に保っていれば

熱中症になる可能性が大幅に低くなるといわれているようです。

そこでいま自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。

屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎます。

本当に暑いと感じた日には我慢せず、エアコンを点けることも必要です!

 

適度な水分・塩分をとることも大事になってくる。

これは皆さんご存知かとは思いますが、夏場は気づかないうちに汗によって水分と塩分が

体内より出ていることが多いです。

外出する際は水分補給におススメなスポーツドリンクなどを持ち歩くのもいいと思います。

保冷剤をタオルで包んで脇の下や太ももの付け根など、太い血管が通っているところを冷やすと体温が下がりやすいそうです。

また、人は寝ている間にペットボトル1本分の汗をかくともいわれており、水分補給も欠かせません。

夜中にトイレで起きたくないからといって避けずに、寝る前に必ずコップ1杯の水を飲むように心がけましょう。

 

丈夫な身体が熱中症から守る。

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。

体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

また、比較的涼しい時間に適度な運動をすることも熱中症対策となります。

 

いかがでしょうか。

私も基本的にできていないことがほとんどですが、

熱中症で突然倒れるわけにはいかないので気をつけて生活したいと思います。

これから暑い日が続きますが乗り越えていきましょう!

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典