ニュースレター6月号より

約30年、日本一の高さを誇る海浜タワーとして福岡の地で愛されてきた福岡タワーですが

どうしてこんなにも長らく福岡市民に愛されてきたのでしょうか。福岡市民になり1年経った

今、百道で従事している私として知っておかなければならないと思い、改めて福岡タワーについて調べてみました。

その設立は1989年。福岡市制100周年を記念した「アジア太平洋博覧会(通称:よかトピア)」と合わせて、

西部ガスミュージアム・福岡市美術館などと同時に造られ、観光地としての役目を果たすことはもちろん、

電波塔としての役割も果たしています。実は福岡県の電波発信源の全てを担っているとのこと。

福岡タワーがないと、福岡県民はテレビもラジオも聞けないそうです。

 

現在でも季節ごとに異なるイルミネーションや各種イベントが行われ、大変賑わっている様子を伺うことができます。

私も1年間、百道浜のマンションを数件担当させていただきまして、福岡タワーの存在感を嫌というほど味わうことができました。

福岡タワーの或る…一度経験してみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典