高齢ドライバー

こんにちは。

近年、高齢化に伴い、高齢者のドライバーによる事故がニュースで報道されています。

高齢になれば色々な能力が衰えてきます。

反射神経・運動神経・視力・洞察力・判断力等です。

さらには認知症になると標識や道路交通法についてもちゃんとした判断が出来なくなります。

実際に、逆走・アクセルとブレーキの踏み間違え等の事故は多く起こっているようです。

このような事故を防ぐためにも、免許の更新は一定年齢以上は頻度を高くし、適性検査を受けてもらうのがいいのかと思います。

勿論、高齢の方でもバリバリに運転されている方も多くいます。(私の母もそうですが)

しかし、高齢社会の今は必要なことだと思います。

免許を更新しない代わりに公共機関の割引をもっと充実させる等の対策は必要になるとは思いますが。

現に福岡市営地下鉄は実施していますね。(地下鉄全線乗車券の購入者の内、65歳以上の免許返納者にはポイントで半額返ってくる)

長寿大国の日本だからこそ、お年寄りが住みやすい街になっていけばいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典