卒業のうた

近所の公園の桜のつぼみがだんだんとふくらんできました。

 

卒業式のシーズンですね。

卒業式の合唱といえば、私のときは「仰げば尊し」や「蛍の光」がメインだったのですが、

今の定番は「旅立ちの日に」なんだそうですね。

この「旅立ちの日に」という曲。

1991年に埼玉県秩父市立影森中学校の小嶋登校長が作詞、作曲は坂本浩美音楽教諭が作りました。

当初は教職員達から卒業生に向けて1回だけ歌われるサプライズ曲のはずだったそうです。

この年は小嶋校長にとって41年間の教員生活に定年で別れを告げる時でもあり、

教え子へ向けての深いメッセージが歌詞には託されています。

とある中学校で誕生した曲が、今では全国で歌われる定番曲になるとはすごいですね。

 

他には、

いきものがかり「YELL」

森山直太朗「さくら」

レミオロメン「3月9日」

EXILE「道」

アーティストの楽曲も歌われているそうです。

恥ずかしながらレミオロメンの曲は知らなかったので、改めてゆっくり聞いてみようと思います。

 

卒業されたみなさま、本当におめでとうございます!

それぞれの新しい一歩が素敵なものになりますように。

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡-東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典