仮想通貨の今後

2018年1月26日

加熱している仮想通貨市場に冷や水をかける大きな事件が発生しました。

業界1,2位を争う仮想通貨取引所のコインチェックから仮想通貨580億円分(NEM)が流出したということです。

過去あった、マウントゴックスの破たん時を上回る被害額です。

コインチェックは顧客獲得の為、広告に力をいれる一方でセキュリティの強化を怠ったと言われています。

さらにはコインチェックは金融庁の認可をまだ得られていません。そこも問題です。

しかし、個人的な感想を言えば、被害にあった人にも多少問題はあったのかなとも思います。

というのも、通常取引所は取引を行う場であり、コインを預けておく場所(ホットアカウント:オンライン)ではないからです。

コインはウォレットと言われる別の場所(コールドアカウント:オフライン)に預けるべきだからです。

これは少し仮想通貨をやっていれば常識なことです。

いかに初心者が内容を知らずに手を出しているかが如実に表れたかということですか。

コインチェックからの顧客の流出は免れないと思います。

この大量の顧客を受け止める取引所はどこでしょうか?

果たしてその取引所は安心できるのでしょうか?

(27日にコインチェックは今回の流出した損失額を返金すると発表しました。内部留保がそれだけあるなんて・・・すごいですね)

今回の事件で、やっぱり仮想通貨は危険だ、止めておこうというひとも大勢いるでしょう。

今回の事件を乗り切れるかどうかは今後の仮想通貨の普及においてとても重要になってくると思います。

少し距離をおきつつ、静観していようと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典