食物アレルギー

先日、蕁麻疹が出てしまいました。

病み上がりなので体力も落ちていること、寝不足やストレスなど蕁麻疹の要因はいろいろ考えられますが、食物アレルギーも原因として考えられるそうです。

今までなかったことなので食物アレルギーではないと思いますが、念のため食物アレルゲンは気を付けようと思いました。

 

 

いざ食物アレルゲンを調べてみると、身近にたくさんあることに気づきました。

症例が多く重い症状を引き起こしやすい特定原材料7品目は省令で使用していたら表示を義務付けられています。

小麦

そば

落花生

えび

かに

朝ごはんのパンには卵・乳(バター)・小麦が使用されていました。

昼ご飯は海老天うどんでしたが、小麦・えびが入っています。

一緒にそばも提供しているお店だったのでそばもクリアしてしまいました。

全部の食品にアレルギーがあることはそうそうないと思いたいですが、意外と日ごろからたくさん食べてることに気づきます。

 

そばアレルギーは特にひどいとよく聞きますが、じゃあほかの分なら大丈夫ということもないはずです。

特定原材料は先に挙げた7品目ですが、それに追加して特定原材料に準ずるものとして推奨20品目があります。

あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・鮭・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・桃・やまいも・りんご・ゼラチン・バナナ・ごま・カシューナッツ

美味しい魚介類から果物、肉類、大豆やゴマなど本当にいろいろあることが分かります。

あわびやまつたけはアレルギーを持っていてもそうそう食べる機会はないので大丈夫だと思いますが、美味しい高級食品でアレルギーが出たらちょっと悲しいですね。

 

朝に食べたリンゴパン、小麦・卵・乳・りんご・ゼラチン・オレンジ(添加物の原料)の記載がありました。

アレルゲンのオンパレードです。

今回は体力低下によるものだったと思いますが、もし食物アレルギー持ちだったらこの確認と注意をいつもしないといけないと思うと本当に大変だと思いました。

米粉を使用したパンやバターを使わないケーキなどアレルギーの方でも食べられる商品がもっと増えて美味しさを共有できたらいいなと思います。

 

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡-東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

リクナビ2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典