福岡の文化

福岡に根付く屋台文化。

もともとは不正に名義貸しをして営業するのを防ぐため、世襲以外は新規は認めないという福岡市の姿勢でしたが、

近年、高島市長の考えにより見直され4月より新たな屋台が誕生しています。

私もよく行かせてもらっている屋台があるのですが、そこの大将がたまにぼやいています。

来ていただけるのは嬉しいけど、マナーは守ってほしいな、、、と。

要は、屋台は少ない席数の中で営業しています。

3人できてラーメン一杯を“シェア”すると時間あたり・席あたりの売上は大きく下がります。GWなどの繁忙期はは入りたいのにそのお客様の為

に他のお客様が入れなくなる、、ということですね。マックじゃねえんだよ、うちは、、と言っていました(笑)

わからなくもないです。

それはさておき、屋台の独特な雰囲気は良いものです。

知らないお客さん同士、意気投合し酒を酌み交わす。

普通の居酒屋などではあまりありませんが、屋台ならではの事だと思います。

私もそこから繋がって友達の方もいらっしゃいます。

上手く活用していきたいものです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典