チューリップの思い出

先日、どこかの学校の入学式だったのか、真新しい制服に身を包んだ学生さんと、お洒落に決め込んだお母さんを見かけました。

駅に着くとそういった方がたくさんいらっしゃって、ああ春だなと感じました。

期待に胸を膨らませて、少し不安げな面持ちも初々しく、これから頑張ってほしいなと思いました。

 

 

そういえば春で期待、といえば、小学校の時に育てたチューリップの事を思い出します。

 

 

 

私の小学校では、1年生の時は朝顔を育てましたが、1年生~2年生の春の間でチューリップを育てました。

球根を選んで、埋めて、水を上げるだけの簡単な作業です。

最初に好きな球根を選ぶのですが、私は赤が好きなのでとても好きだったので赤色のチューリップにしました。

 

チューリップは強いので私でも安心して育てられました。

葉が出てきて大きく開いて、それからしばらくするとつぼみが伸びてきます。

 

花が咲く前に春休みに入ってしまうので、修了式に家に持って帰りました。

花が咲くのは自宅のベランダです。

 

何日かたって世話をしていると、おかしなことに気づきました。

つぼみが赤くない。

 

 

 

 

 

 

そして咲いたのは、鮮やかな黄色いチューリップでした。

 

私は赤色のチューリップを育てていたので、あんなに毎日世話をしていたその黄色のチューリップの事が大嫌いになって、そのままにしてしまいました。

それきりになってしまったので、きっとそのチューリップは枯れてしまったのでしょう。

 

球根を見ただけでは色はわかりませんので、その色を示すテープが違ってしまっていたのは仕方のないことですが、チューリップにはとても悪いことをしてしまったと思います。

私の精一杯の世話に応え、すくすく成長したチューリップ。

せっかく大きく育ってくれて、綺麗に咲いてくれたのに、私の期待と違ったからといって可哀そうなことをしてしまった。

チューリップは何も悪くないのに。

 

この時期見かける色とりどりのチューリップを見ると思いだす悲しい思い出です。

 

 

 

 

 

期待を裏切られるということはとても悔しく、残念なことですが、それに対して捉え方を変えられるかはとても大切だと思います。

勝手に赤いチューリップを期待されて、勝手に失望されて、黄色いチューリップからしたらたまったものではありません。

あのときは自分の事ばかりだったと悔やまれます。

 

チューリップの花言葉は「思いやり」。

そして、花の色によって変わるチューリップの花言葉。

黄色のチューリップは「望みのない恋」「実らぬ恋」。

胸が詰まる思いです。

 

 

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡-東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

リクナビ2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典