助手席

私には、このような文章は決して書けません。だからなのか、この広告の事が印象に残り、ここ数日、頭から離れません。

春は助手席に乗って

 

この季節になると思い出す。

はじめて、ドライブに誘われたとき。

はじめて、父以外のクルマの助手席に乗って。

 

免許取りたて、なんでしょ。

くれぐれも、安全運転でお願いします。

 

どきどきしたのは、そればかりじゃない。

カセットのカーステレオから流れる音楽が

ぜんぶ、ロマンチックなラブソングばかりで。

 

若葉マークのデートは、安全に終わった。

「家に寄る?」と聞いたら、首を横に振った。

両親が2階の窓から、こちらを見ていた。

 

あの頃はまだ、予想もしなかったな。

結婚して、仕事を続け、運転もする私を。

あの時のあなたを、助手席に乗せて。

 

このストーリーを読み、私は、2階の窓から、車の様子を見下ろしているかもしれない、そんな未来の自分を勝手に想像しています。これが、歳を重ねていく、ということなのでしょうか。

娘よ、焦らず急がず、ゆっくりと、大人の女性になっておくれよ。

オーシャン ももちの風

シーサイド動画集

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典