こたつ

こんにちは、いよいよ寒くなってきました。

朝起きるのがつらいです。

私の部屋にはエアコンがないので、この時期はいつも電気ストーブを使います。

しかし先日コードに足を引っかけてしまい、熱くなった網でつぶされて足を火傷してしまいました。

暖房器具は便利ですが、使い方を間違えるとこうした火傷や火災の恐れもあるので気を付けないといけないですね。

 

I love こたつ

一人暮らし~実家に戻ってくるまでにこたつはずっとなかったのですが、今我が家ではこたつはない状態です。

けれども昔使用していたこたつを思い出すと、とてもこたつが欲しくなります。

ぽかぽか暖かくオレンジ色の明るいこたつの中は、子どもにとってはちょっとした秘密基地です。

ごろりと横になっているだけでもとっても幸せな気持ちになれます。

こたつの上にかごに入れたみかんがあれば、あっという間に冬の定番の完成です。

%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%82%93

しかし、最近は床暖房が設備としてあったり、エアコンもどこのお部屋にもつけられるようになっているのでこたつを持ってない方も多いようです。

こたつ布団が汚れてしまうのが気になる、場所をとるということもあるみたいですね。

インテリア的な問題、洋室だとカーペットも用意しないといけないですしね。

部屋自体が寒いとこたつだけではしのげなくなる、という話もありました。

確かに、暖房が炬燵だけになってしまうと、きっとこたつから出られなくなってしまいそうです。

 

こたつを使ってない!?

ある冬の暖房事情の調査によると、こたつの所有率のTOP3は

1位 山梨県

2位 福島県

3位 長野県

だそうで、逆にワースト3は

45位 東京都

46位 沖縄県

47位 北海道

となっているそうです。TOP3は内陸近くの件が多くて寒いのかな、といった印象ですが、ちょっと待ってください。

なぜ最下位が寒い北海道なのか。

 

東京都は、きっとこたつは場所をとる、という部分が影響しているのでしょう。

インテリアの問題もあるみたいです。

また、まあ沖縄県は納得ですよね。

しかし、北海道が最下位になるとは意外でした。

 

ちなみにその理由として、北海道では室内は常に暖房やストーブなどの暖房器具で部屋を暖めているので、局地的に温めるこたつはあまり必要がないという話がありました。

常に部屋が暖かい状態なので、北海道の人は寒がりの方が多いなんて話もありますが、どうでしょうか?

他の県とはまた違った暖房事情があるんですね。

 

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡-東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典